くる日

自転車かカレーの日記 つぶやきもやってます@kurubimiru 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

五月山~勝尾寺サイクリング

本日はかねてから行きたいと思っていた五月山までのサイクリングです。

今日の午前中は用事があるため自宅待機。
11時半になってようやく出られる段取りができたので出発。


091115_1144~0001

淀川新橋の左岸。
いつもの場所で撮影しようとしたけれど、
ローディーたちが集まっていたので遠目からの撮影。
大阪方面へ走っていきます。
天気予報では快晴マークだったのにまだ曇り空。
河口からの西風でスピードにのれません。


091115_1155~0001

鳥飼大橋の手前。
まだ堤防の下の道路は水溜りが残っている場所があります。

ここからしばらく写真を撮ってないので文字だけの説明。
鳥飼大橋を渡って、中央環状を走り鶴野橋の手前を左折して安威川沿いを走ります。
そして1つ目の橋を右折して渡り、北上して阪急正雀駅方面へ。
正雀駅の下を潜ってからJR岸辺駅の東側の地下道を走って、r14の産業道路を越えて、
r135の亥の子谷を走ります。
この辺りで12時半。
お腹も減ってきました。


091115_1248~0001

「中華料理 天水」
ここで食事です。
五月が丘の日産プリンスの手前です。


091115_1249~0001

自転車はガードレールに繋いでおきます。

初めて訪れるお店にしては中が見えなく入るのが少しためらう店構え。
お店に入ると昔ながらの中華料理屋という感じです。
お客は常連客らしき人たちで、お店の人と仲良く喋ってました。
店員は気のよさそうな夫婦二人です。
常連客の話を聞いているのが面白くて、料理を待っているあいだも退屈しません。
いまどきのスーパーなどの年末年始の営業から、
携帯電話屋が年始からやっていると話題になり、
携帯電話の料金形態の話題にかわり、メールから年賀状の話題へ。
年配の方たちなのに、携帯電話のメール無料とか私もあんまり知らない話題もしてました。
そうこうしてると料理が出てきました。


091115_1234~0001

ブレてます。
豚の天ぷら定食(700円)です。
豚の天ぷらを食すのは初めてです。
しょうが焼き用の少し分厚くスライスした肉を天ぷら粉につけて揚げてました。
それをからし醤油につけて食べます。
やわらかくジューシーで美味しかったです。
ご飯に隠れているのはほうれんそうのおひたし。
右端にあるのは味噌スープと書いてましたがミニ味噌ラーメンです。
全部食べてお腹いっぱいになり満足でした。

お店を出ると、曇ってた天気に少し日が差してきました。


091115_1253~0001

高野台辺りのいちょう並木。
良い具合に紅葉してます。

このまま南千里駅前まで走り右折してr121を走ります。
いつもはr121を突き当たりまで走りますが、今回は違うルートを走ってみます。


091115_1307~0001

091115_1309~0001

新東千里3を左折して千里中央方面へ。


091115_1311~0001

新御堂筋まで走って右折して、


091115_1312~0001

新御堂筋の側道沿いを北に走ります。
千里ICまでの新御堂筋側道は走りにくそうだけど、ここから北は走りやすいです。


091115_1315~0001

山が近づいてきました。


091115_1316~0002

新船場南橋で新御堂筋は外れて左折します。


091115_1318~0001

走ってすぐの豊島高校前を右折で北上。


091115_1322~0001

萱野3でR171の交差点を渡って、そのまま道なりに走ります。


091115_1326~0001

しばらくして箕面市役所前です。
ここも直進。


091115_1329~0001

そこそこ走りやすい道。
この道は国道でも府道でもありません。
たぶん別称があるのでしょうね。
いつもは別院まで走ってr9を走ってましたが、
この道はr9より起伏が小さいので体力の消耗を減らせます。

このまま西へ進みr9まできて北上。


091115_1345~0001

五月山公園前まで到着。
渋滞してます。
もしや、ドライブウェイも混雑してるのかと思いました。
でも、この先の駐車場までの混雑でした。


091115_1349~0001

料金所前。
他の人のブログなどで料金所の人に挨拶をしてるのを見て予習しているので、
私も挨拶しようとすると料金所に人がいません。
あれっと思い振り返ると、写真の左手の小屋に料金所のおっちゃんがいました。
「通らせてもらいます」と声をかけると、
「いってらっしゃい、気をつけて」と予習通りのお答えが。

さて、上って行きます。
初っぱなから噂通りの厳しい坂が続きます。
こういう感じの山はあまり経験してません。


091115_1355~0001

よいっしょ、よいっしょと上って行くと鳥居のある展望台が。
猪名川が見下ろせる良い風景です。
休憩のためではありません。
撮影のために自転車をおりました。


091115_1358~0001

もう足をついたので、坂の具合の写真を。
この先もずっと厳しい坂が続きます。
どこまで続くかは予習してなかったので、かなり辛いです。


091115_1410~0001

ここで坂が終わりかなと思って撮った五月山霊園での写真。
自転車も疲れて倒れてます。
でも、上りはここで終わりではありませんでした。
まだしばらく上りは続きます。

上り始めはもみじの紅葉など見られましたが、


091115_1412~0001

ある程度上ってくると紅葉はなし。
針葉樹系が多いです。


091115_1416~0001

ゴルフ場の駐車場は大盛況。
プレーが終わる時間帯になると車が増えそうなので急ぎます。


091115_1425~0001

上ってる最中に気になってた霊園の看板。
「車で○分」と何度も見てきました。
自転車、しかも上りなので全く参考になりません。
でも1分となるともう少しな感じがします。


091115_1427~0001

ここがその霊園。
やや見晴らしは良いです。
中に入ればもっと見晴らしが良いはずですが、関係ないので入れません。


091115_1431~0001

そして少し走って、箕面川ダムと止々呂美方面の分岐。
箕面川ダム方面へ行きます。
ここで、前から歩いてくるおじいさんに道を聞かれました。
はじめはもごもごして何言ってるのかわかりませんでしたが、
どうやら「池田駅はどっちですか?」でした。
私が上ってきた方だから「こっちを下って行けば着きますよ」と教えました。
「でも、歩いてだとだいぶかかりますよ」と言うと、
手をあげて大丈夫みたいな合図をして歩いていきました。
たぶん、箕面駅から歩いて山を登っきて池田駅まで降りて行くのでしょう。
自転車で100km走るよりもしんどそうです。


091115_1438~0001

分岐点を過ぎて、海が見える景色が見えたので写真を撮りましたが、
全く海の気配はない、、、。


091115_1441~0001

今度はちゃんとした写真。
みのお記念の森付近です。
やはり整備されている場所だと紅葉は見られます。

箕面川ダムに近づき景色が良さそうだから写真を撮ろうとしましたが、
ガードレール沿いに集団の登山者がいて良い位置で止まることができず、


091115_1446~0001

結局ダムの写真が撮れたのはここ。
白く光っている部分がダムの水です。


091115_1447~0001

箕面方面と能勢方面の分岐。
箕面方面へ走ります。


091115_1450~0001

勝尾寺と箕面駅の分岐。
勝尾寺方面へ。
11月中の土日は、この分岐で車は箕面駅方面へ行けません。
紅葉客で混雑するため、箕面方面から勝尾寺は1方通行らしいです。

ここからとたんに車が増えてきます。
勝尾寺に行くまでに路上駐車してる車もあり。
ふだんの5倍以上の交通量でしょうか。


091115_1455~0001

ゆっくり上り勝尾寺に到着。
駐車場付近は殺気立った車でいっぱいです。


091115_1456~0001

091115_1456~0002

091115_1457~0001

さすがに名所だけあってきれいに紅葉してます。
とりあえず、ちゃんとした紅葉も見られたので西田橋方面に下っていきます。

私が出発しようとすると、先に2台のロードバイクが下っていきました。
どうやら夫婦のような感じです。
途中、ずっと一緒だったのでコルナゴ夫婦(たぶん二人ともコルナゴに乗ってました)と名づけました。
私の空想ですが、旦那さんはアウトドア風ちょい悪おやじ。
ジロー・ラモでなく岩城晃一風。
奥さんは少し気の強い美人さん。
村上里佳子風かな。
全然、顔は見てませんのであくまでも妄想です。
お年が全く違ってたらすいません。

下りはヴァイパーに乗ってはじめて楽しめました。
路面がなめらかで走りやすく、適度にカーブがあるので良い感じにスピードに乗れます。
コルナゴ夫婦とは一台車を挟んでの追走。
ほとんど車と同じスピードで下っていきます。

西田橋を過ぎて少し車が渋滞しだした所で、
コルナゴ夫婦がスピードを落としたので抜かせてもらいました。

r4からr1のモノレールの高架沿いを走ります。
R171を越えて万博外周に入る直線で広くなった歩道を走ってると、
車道を走るコルナゴ夫婦に抜かれます。
なんとなくついて行こうと思って車道に戻りスピードを出します。
でも、コルナゴ夫婦は速い。
40kmくらいで走っていきます。
どんどん離されます。


091115_1517~0001

万博外周に入って撮影。
赤と黒の点がコルナゴ夫婦。

離されましたが、何度も信号で追いついてしまいます。
すこし気まずい感じ。
途中で、コルナゴ夫婦がスピードを落としたので抜いてしまいます。

写真撮影でまた抜かれます。
これは重要なので写真に収めておかないとと思いました。


091115_1521~0001

エキスポランドの観覧車の解体です。
とくに女の子と一緒に乗ったという思い出もないけれど、
小学生の頃からずっと遠くから見ていました。
少し物悲しいです。


20091018180945.jpg

解体前の最後の撮影。

この後、またコルナゴ夫婦に追いついてしまいます。
まさと思っていたら、外周を外れる場所も同じ樫切山方面。
距離を開けて追走していきます。
そして、この後もう一度同じ道に曲がったあと、コルナゴ夫婦は別の道を曲がりました。
まさか、ここまで一緒だとは思わなかった距離です。
二人とも結構大胆な走りはするけれど、
二人ともしっかりと安全を守った走りです。
路上駐車があると手信号を送り、
道を譲ってくれた車にはきちんとお礼をしてます。
後ろを走って見てると参考になります。

一人になると、なんとなくフラフラ状態。
千里丘のガードを潜り、中央環状まで走り鳥飼大橋を渡って、


091115_1545~0001

淀川まで戻ってきました。
(なんで、ここにゴミを捨てるんだ!)

091115_1557~0001

最後に太間町の桜の紅葉の写真を撮って終わりです。


BASSO VIPER

走行距離  72.01km
積算距離  664.5km
走行時間  3時間46分2秒
平均時速  19.2km



にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2009/11/15(日) 23:47:39|
  2. チャリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<南河内サイクルライン~水越峠~大和中央自転車道サイクリング | ホーム | 枚方献血ポタリング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://precision08.blog53.fc2.com/tb.php/95-7036c246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。