くる日

自転車かカレーの日記 つぶやきもやってます@kurubimiru 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日明 恩 『それでも、警官は微笑う』


文庫の分厚さに惹かれて読んでみました。
女性作家でデビュー作とあり、大きな期待はしていませんでしたが、
期待を大きく裏切る面白さでした。

軽快であり、重みもあるなかなか奥が深い小説です。
主人公とその相棒、事件に巻き込まれる人物に犯人と4人のキャラクターが、
それぞれ上手く書かれています。
特に、事件に巻き込まれる宮田という人物がいい味を出してます。
犯人目線で語られている部分も好きです。
切り替えが多くあるので、長くても飽きなく読めます。

謎解きに関してはあまり期待はしないほうがいいですが、
この一冊にはいろんな情報が積み込まれています。
サービス精神に溢れている小説です。
あまりにも細かすぎるだとという表現もありましたが、
ここが女性らしいのかなと思いました。

多作の作家で、薄っぺらなシリーズ物を書く作家が多い中、
この作家のシリーズ物には本当に期待したいと思います。



スポンサーサイト
  1. 2009/10/17(土) 18:14:54|
  2. ミステリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<猪名川お墓参りサイクリング | ホーム | ウインドブレーカー購入>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://precision08.blog53.fc2.com/tb.php/82-7371499f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。