くる日

自転車かカレーの日記 つぶやきもやってます@kurubimiru 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伏見柳谷高槻線リベンジ

久しぶりに2日連続でサイクリング。
前回、足をついてしまった伏見柳谷高槻線のヒルクライムに行きました。
昼食を家で食べてから13時40分頃に出発。


20090531171341.jpg

まず、枚方大橋を渡ります。
天気は上々。

R170を北上。

JR高槻駅をR170の高架を越えずに西に少しそれて、


20090531171344.jpg



車が通れない踏切を見つけたので渡りました。
ちょっと楽できます。


20090531171346.jpg



前回、道を間違えたのでちゃんと標識を確認。
信号を左に曲がっては行けません。
その奥を左折。

ヒルクライムと言っても高槻側からの柳谷道は、
いつも参考にさせてもらってる、
関西ヒルクライムTTさんのHPにはデータが無いため、
どこからスタート地点が決められません。
とりあえずタイムは計らず上っていきます。

ここの上りの特徴は、斜度はきつくないけれど、
だらだらと同じような上りが3kmほど続きます。
カーブが少ないです。
途中に射撃場があるので、射撃の音が響いています。
日曜日だと資材や採石を運ぶトラックが少なくて走りやすいです。

ほぼ直線的に上っていく坂は、面白みも無くなんとなくきついです。
射撃場を過ぎたあたりで、かなりしんどくなります。
前回はこのあたりで足をつきました。
今回は足をつかずに完走。
とりあえずのゴール地点の写真を撮るの忘れてました。


20090328172531.jpg



前回の写真です。

ここからは平坦な道が続きます。


20090531171348.jpg


田舎道で良い感じです。

ベニーCCに到着して写真を撮ろうとしましたが、
ちょうどロードバイクの方が休憩していたので写真を撮れず。
話しかけてみようと思いましたが、
今日はヘルメットは被ってましたが若干カジュアルな服装な為、
完璧な服装のローディーさんには話しかけずらくやめておきました。
自転車を見られたけど、プレスポの場合はどう見られるのでしょうか。
気にしすぎかな。

ここから長岡京方面へダウンヒル。

京都側も大阪側も良い景色が見られるのだけど、
ちゃんと見られる場所が少ないのが残念。


20090531165909.jpg



大阪側の風景。


前回は長岡京市側の柳谷道を下っていきましたが、


20090531165912.jpg



今回は島本側に下っていきます。
柳谷島本線という道です。
こちらは関西ヒルクライムさんのHPに載ってます。

順調に下って行きましたが、
途中から車のスピードを落とさす為の段差が連続します。


20090531165914.jpg



これです。
思わず「ああああああ・・・」と声を出して遊んでしまいました。
そしたら前方から女性のローディーさんがやってきて、
やばい所をみられるとこでした。

途中、大きな石碑があったので何だろうと思って近寄ってみると、


20090531165916.jpg



「道路改修記念」って大袈裟な。

で、なんやかんやで下り終えました。


20090531165918.jpg



山崎蒸留所です。
ここからR171を越えて、


20090531170100.jpg


淀川右岸にでます。
このまま淀川沿いで帰ることにしました。


20090531170102.jpg



高槻側の淀川右岸は桂川CRに繋がらないので、
自転車は少なめ。


20090531170107.jpg


枚方大橋を越えて、


20090531170109.jpg



淀川新橋を渡って帰りました。


走行距離  46.41km
積算距離  3627.4km
走行時間  2時間22分55秒
平均時速  19.4km









スポンサーサイト
  1. 2009/05/31(日) 19:10:12|
  2. チャリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<堂場 瞬一 『雪虫  刑事・鳴沢了』 | ホーム | オムライスを食べに京都へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://precision08.blog53.fc2.com/tb.php/38-259eb549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。