くる日

自転車かカレーの日記 つぶやきもやってます@kurubimiru 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読んだ本

20090518221336


リチャード・ノース パタースン 『ダーク・レディ』


裁判員制度も始まることなので、
アメリカのリーガルミステリーの巨匠といわれる作家の小説を読む事にしました。

だが、失敗しました。
この小説には法廷の場面は出て来ません。
なので、もちろん陪審員も出て来ません。
裁判員制度の参考に何一つ役に立ちませんでした。

まあでも読み切りました。
結構、読み慣れない複雑な内容だったので、
前半は眠たさとの対決です。
麻薬の組織犯罪、人種差別、野球場の建設、都市の政治腐敗、
検察と刑事と警察、女性の人生。
これらの問題がこの小説の中に盛り込められています。
一気にこれらの問題を楽しめると考えるなら、この小説の価値はあります。

ミステリー的に見れば、少し物足りなさがあります。
色々と盛り込められている結果、ミステリー要素が愚かになったのかな。
なんて、巨匠の作品に何を言うかな。
ただ、私の頭がこの複雑さに疲れて、変になってたかもしれません。




スポンサーサイト
  1. 2009/05/18(月) 22:13:38|
  2. ミステリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<十三峠リベンジ | ホーム | 天ヶ瀬ダムへ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://precision08.blog53.fc2.com/tb.php/34-a2831ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。