くる日

自転車かカレーの日記 つぶやきもやってます@kurubimiru 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都お花見ポタリング

本日は、京都へのポタリングです。

昨日の土曜日は現場仕事で、
荷物を持って三階建ての建物の階段を20往復以上昇り降りしました。
自転車で150kmほど走れるのだから、足には少し自信があると思っていたのに、
今朝起きると足が別物になってました。
一旦、布団にもぐり一人で作戦会議です。
当初は、峠越えのサイクリングの予定でした。
でもこの足のパワーは、ほとんど在庫切れに近い状態。
峠に行き、品切れして帰ってこれないとなるといけないので、
平地をポタリングすることに変更。
どこへ行くかは、とりあえずサイクリングロードを走って京都まで走ってから考えることに。

ということで前置きが長くなりましたが、
午前10時過ぎに出発しました。


SH3E0001_20100404173723.jpg

関西医大から淀川CRを走ります。
淀川の堤防の内側は全くと言っていいほど桜はありません。
淀川に入ってすぐに、
側のママチャリに乗っていたおっちゃんが一言「何もあらへんがな」とつぶやいていました。
たぶん、桜を期待して淀川に来たのだと思います。

淀川に桜がないのは大阪部分で、京都に入ると桜の名所があります。
八幡の背割堤です。


SH3E0002_20100404173724.jpg

御幸橋の休憩所は人だらけ。
橋の歩道部分が走れない状態で、車道を走りました。
結局は、背割堤に近づくことは出来ませんでした。


SH3E0003_20100404173724.jpg

とりあえず、遠目からパチリ。

桂川に入ってからもほとんど桜はありません。


SH3E0004_20100404173724.jpg

なので、菜の花ロードをパチリ。


SH3E0005_20100404173724.jpg

桂川と天神川の背割堤に桜が並んでいるところがありました。
ここは、背割部分の距離は短いけど人が少なくて、ゆっくりと花見ができそう。

このまま嵐山まで行きますが、サイクリングロードに人が多くなりそうなので、
西大橋から桂川の左岸の車道を走ります。
でも、嵐山近くでクルマが渋滞しだし、路肩も走れず到着に時間がかかりました。


SH3E0006_20100404173724.jpg

嵐山に到着したけど、人だらけ。
自転車でも身動きしずらい。


SH3E0007_20100404173816.jpg

どこを撮ろうとしても人が写り込む。

結局、嵐山はとっとと退散して、いつも通りの清涼寺まで行き、
r29で金閣寺方面へ向かいます。


SH3E0009_20100404173816.jpg

広沢池の桜。
桜、池、山、VIPER、いい構図です(なんてね)。

このまま、きぬかけの道を仁和寺から龍安寺へと行く予定でしたが、
絶好のお出かけ日和のせいの渋滞に根負けして、道をそれることに。


SH3E0011_20100404173816.jpg

小道に入ると、京福電車の線路沿いに撮り鉄の方たちが。
私も同じく電車を待ちますが、なかなか来ず。

よく考えれば、私は撮り鉄ではないので、


SH3E0012_20100404173816.jpg

線路沿いの桜を撮り、この場所を後にしました。

この後、丸太町通を東へ走り、堀川通で北上。


SH3E0014_20100404173817.jpg

いつもの堀川紫明のカレー屋で昼食。
このブログで3回目の登場。


SH3E0013_20100404173816.jpg

食べたのは本日のカレーの大盛り(600円+100円)。
ヒレカツ3枚とコロッケ2個と、きのこのソテーのトッピング。
大満足でした。
名所付近の飲食店はほとんど満員。
でも、ここはお昼時なのに、客は私と合わせて3名。
流行ってほしくはないけど、もう少し客が入ってないと不安になる。

昼食をすませて、どこへ行こうかと思案します。
足は思ったよりも、使う筋肉が違うせいか疲れていません。
このまま帰るのは、もったいないので堀川通を北上して上賀茂神社へ行ってみることに。

上賀茂神社付近で、警備員に「自転車はこちらですよ」と誘導され、


SH3E0015_20100404173910.jpg

駐輪場に到着。
ここからは歩きです。


SH3E0017_20100404173911.jpg

「神馬舎」
日本の神社に奉納された馬、あるいは祭事の際に使用される馬を指すらしい。
おとなしく可愛い白馬です。


SH3E0018_20100404173911.jpg

「細殿と立砂」
立砂は、御神体である神山を模したもので、鬼門にまく清めの砂の起源。
巨大な盛り塩ということですか。


SH3E0019_20100404173911.jpg

思ってたより小さな「本殿」
これより先は撮影禁止。
交通安全祈願をしました。


SH3E0020_20100404173911.jpg

綺麗な巫女さんがいたのでパチリ。


SH3E0021_20100404174002.jpg

紫式部も参拝したといわれる縁結び片岡社。
「良いホイールと良いタイヤに出会えますように」と、、、。

SH3E0022_20100404174003.jpg

紫式部が詠んだ歌
ホトトギスの鳴き声を待ちわびているようです。

SH3E0023_20100404174003.jpg

「奈良(楢)の川」
この辺りは、人がすくない。

さて、桜を見に行くことにします。


SH3E0024_20100404174003.jpg

満開の「御所桜」
しだれ桜でも、早く咲く方だそうです。


SH3E0025_20100404174003.jpg

「斎王桜」
少し赤みのあるしだれ桜。
4月中旬が見頃なので、まだ咲き始め。


SH3E0027_20100404174154.jpg

しだれ桜以外の桜は満開です。
芝生の上では、たくさんの人が花見をしていました。

これで、下鴨神社と上賀茂神社の両方を参拝できました。
「鴨」と「賀茂」との字の由来を調べてみたら、
どちらも「KAMI(神)」から来ている説があります。
さらに調べると大変なことになりそうなので、ここでやめておきます。

そろそろ帰ることに。

SH3E0029_20100404174154.jpg

桜並木の賀茂川沿いを走ります。


SH3E0030_20100404174154.jpg

砂地だけど、途中から土手の下を走ります。
この後、植物園の付近で人が多くなりすぎて、川沿いをそれます。
鴨川になってからも、川沿いを走るのは無理そうなので仕方なく川端通を走ります。


SH3E0031_20100404174154.jpg

琵琶湖疏水へ通じる冷泉通の桜。

この後、三条、四条でまた渋滞に合います。
川端通を避けて、祇園へ避難しますが、場外馬券場の方へ行ってしまい、
さらに東大路通に出て最悪の状態に。
なんとか、川端通に戻って十条から、油小路通で南下して、第二京阪沿いで大阪方面へ。

この時と同じルートで帰路へ。

少し変化をつけて、第二京阪沿いに入ってからは、できるだけ車道の側道を走りました。


SH3E0034_20100404174228.jpg

SH3E0035_20100404174228.jpg

こういう感じの、高速道路の側道の側道。
ずっと歩道を走るよりは、かなり楽に走れたと思います。
でも、自転車通行禁止の本線に入らないように気をつけなければなりません。

帰宅は16時半。
第二京阪沿いの起伏が効いたのか、足はパンパンの状態。
この痛さは明日も引きずりそう。


BASSO VIPER

走行距離  93.2km
積算距離  3006.5km←やっと3000km
走行時間  4時間44分47秒
平均時速  19.6km


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2010/04/04(日) 22:54:27|
  2. チャリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花背峠~京北~高雄サイクリング | ホーム | 空洞です>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://precision08.blog53.fc2.com/tb.php/135-43fe7d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。