くる日

自転車かカレーの日記 つぶやきもやってます@kurubimiru 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

吉野山サイクリング後編

前編からの続きです。

前編の通行止めで心配していた場所をGoogle Mapのリンクで表示してみました。
 Google Mapのリンクは結構使えるかも。

r257からr15に合流して観光地に入ると、食べ物屋がならんでいます。
ちょうど12時頃だったので、食事にしようか迷いましたが、
これから上りになりそうなので食事は後にしました。


SH3E0035_20100314214355.jpg

中千本への上り口。
けっこうな坂です。
食事をしてからだと、横っ腹を痛めそう。


SH3E0036_20100314214452.jpg

ゆっくり上って、たぶんここが中千本。
花が咲いていないとわかりにくい。


SH3E0037_20100314214452.jpg

距離感がつかみにくい観光地図。
現在地も探しにくい。


SH3E0038_20100314214453.jpg

いい感じのトンネル。
このトンネルを抜けるとr37に行けます。


SH3E0039_20100314214453.jpg

そして、この坂が上千本への道。
躊躇しましたが、とりあえず上ります。


SH3E0040_20100314214453.jpg

すぐに足を付きます。


SH3E0041_20100314214453.jpg

ほとんど押し歩き。


SH3E0042_20100314214542.jpg

桜はこんなもん。


SH3E0043_20100314214542.jpg

まだまだコンクリの激坂は続く。


SH3E0044_20100314214542.jpg

展望台があったので休憩。
ここで山歩きをしているオバサマ方に激励をいただきました。

今の時期の吉野は、桜のシーズンには早いので観光客は少なめ。
上千本への道は激坂のうえ狭いのでシーズンにはいると自転車通行は無理だと思います。
今回、吉野山に行こうと思ったのもシーズン前だから。
シーズン中はクルマの混雑もあるから自転車では近づきたくありません。

SH3E0045_20100314214542.jpg

ちょうど良い所があったので自転車を置いて撮影。
自転車で隠れている文字は「上の千本」です。
ヘトヘトなので、細かいことに気が行かない。


SH3E0046_20100314214542.jpg

こーんなカーブもあり。
もちろん、押し歩きで突破。


SH3E0047_20100314214542.jpg

SH3E0048_20100314214630.jpg

少しだけ咲いている桜が心を癒してくれます。


SH3E0049_20100314214630.jpg

SH3E0050_20100314214630.jpg

なんやかんやで、吉野水分神社に到着。
参拝する気力もなし。

さらに、奥千本へ上ります。
心の半分はもう十分だ折り返せとつぶやいていましたが、
その声をつっぱねて進みます。


SH3E0051_20100314214630.jpg

奥千本への道は、コンクリじゃなくアスファルトの山道。
激坂度は若干ましになりますが、これまでの疲れもあってか幾度かは足を付きます。


SH3E0052_20100314214630.jpg

そしてフラフラの状態で金峰神社の鳥居まで到着。
上千本の上り口から、ここまでの約3kmの3分の2以上が押し歩き。
金峰神社の鳥居より先は通行止め(たぶんクルマのことだと思う)。
よっしゃ、もう上らないぞ。
この坂を見て(ひとが歩いている左の道も少し上りです)、この先を行くのをあきらめました。
この先の金峰神社の境内まで行くと奥千本になると思います。


SH3E0055_20100314214721.jpg

とりあえず、このバス停で奥千本まで来たということにしましょう。

折り返しの下りも大変でした。
VIPERのブレーキはあまり効きがよくありません。
なのでブラケットの位置からのブレーキングでは握力が続かない。
下ハンは握り慣れていないから、腕の筋力がもたない。
超こわごわの下りになりました。


SH3E0056_20100314214721.jpg

観光街に戻って一安心。


SH3E0057_20100314214721.jpg

気を取り直してお買い物。


SH3E0076_20100314215009.jpg

くず餅をお買い上げ。
これは自分で食べることができず、
妻へと献上し、妻の友人への土産物になりました(どうやらホワイトデー関連)。

観光街で食事をと思ってましたが、観光地価格で少しお高め。
「自転車を中にいれてもいいよ~」なんて呼び込みをうけましたが、
呼び込みされると身構えてしまう性格なのでパス。


SH3E0061_20100314214722.jpg

金峯山寺の立派な山門。
寄りたかったけど、時間的体力的にも無理。


SH3E0060_20100314214721.jpg

金峯山寺の前の餅屋で草餅を1個(120円)を買って、
昼食までの体力を補います。

観光街を抜けてr15を下ります。
吉野神宮も素通り。

下市まで戻って昼食をしようかと思ってましたが、
途中で美味しそうな中華料理屋が目についたので入ることにしました。
柿の葉寿司を考えていたけど、中華料理をがっつり食べて体力回復を果たします。


SH3E0062_20100314214722.jpg

食べたのはタイムサービスランチ(急々しているので写真がブレる)。
肉野菜炒めと春巻きと唐揚げのおかず3品に、
味噌汁のお椀にはいった中華スープと、なぜかヤクルトの偽物。
ごはんは大盛りです。
たしか668円+52円(ライス大)だったかと。
割り箸はたぶん地元産の箸でした。
お店の外観の写真はなし(バタバタしすぎ)。
お店の場所は吉野神宮駅付近のr15沿いです。
料理はとても美味しく、男二人の店員さんも丁寧でいい感じでした。

少し体力が戻り、帰路を急ぎます。
時刻は14時を過ぎてました。

r15から美吉野橋を渡って、R169で西へ。
そのまま行き来た道のR309を走って車坂峠を必死に上り葛駅を過ぎ、
大口峠を越えてから、


SH3E0063_20100314214846.jpg

冨田という所からr116を北へ走ります。
この後適当に走り、


SH3E0065_20100314214846.jpg

葛城大橋あたりで葛城川沿いに合流。
ここから川沿いを走って、


SH3E0066_20100314214846.jpg

飛鳥葛城自転車道に入ります。
ここから、飛鳥葛城自転車道の終点の慈光院まで走ります。
初めての道なので急ぎつつ写真を撮ります。

SH3E0067_20100314214846.jpg

SH3E0068_20100314214846.jpg

まずは、こんな感じ。
奈良県の自転車道は基本的に、あまり自転車は走ってません。
終点までで見かけたロードバイクは1台。
クロスバイクとマウンテンバイク風は数台見かけたかな。
ママチャリはそこそこ走ってます。

何故、こうも人気がないのか。

まず、路面が荒れている場所が多い。


SH3E0071_20100314215008.jpg

橋の下を潜るとかの工夫がなく、車道と重なる箇所がある。


SH3E0069_20100314214846.jpg

それに珍しく自転車道に踏切がある(これは人気がない理由にならないかな)。

さらに、橋の工事で迂回が3回ほどありました。


SH3E0073_20100314215009.jpg

こんな迂回路もあり(ほぼ畦道)。


SH3E0072_20100314215009.jpg

イメージではこれくらい楽しい道らしい。

と、こんなことを書いたけど、奈良の南北の自転車移動手段としては、
車道と並行しない分使い勝手はあると思います(フォローになったかな)。


SH3E0074_20100314215009.jpg

終点の慈光院付近に到着。
ここからは、富雄川沿いを走って、R163~R168で磐船街道を走って枚方へ。


SH3E0075_20100314215009.jpg

天野川トンネル前。
ここから、猛スピードで下るのでウインドブレーカーを装着です。

帰宅は18時を少し過ぎました。
初の100マイル超えの実感にひたる暇はありません。
19時には妻を実家まで迎えに行かなくてはならない。
大急ぎで自転車を拭き、お風呂に入ってクルマに乗って出かけました。

ふらふらの帰りは奥千本方面に行かなければ、
疲れがだいぶマシかなと考えながら走ってたけれど、
家に帰りブログを書いたり写真を見ていると行って良かったと思えます。
吉野山周辺は、まだまだ見るところがあるのでまた行きたい。
体力に自信がつけば、黒滝村まで行ってみたいです。


BASSO VIPER

走行距離  166.96km
積算距離  2591km
走行時間  8時間57分50秒
平均時速  18.6km


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2010/03/16(火) 21:35:18|
  2. チャリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小塩山~第二京阪城南宮~寝屋川北サイクリング前編 | ホーム | 吉野山サイクリング前編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://precision08.blog53.fc2.com/tb.php/129-1d704ca2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。