くる日

自転車かカレーの日記 つぶやきもやってます@kurubimiru 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダン・ブラウン 『ダ・ヴィンチ・コード』

このブログは自転車のことばっかりになっていたけど、
読書の感想をつらつらと書いていたのを思い出しました。

その前に、、、。
今日は自転車に乗る予定だったけれど、
妻の実家に挨拶や料理など運ぶ用事などで時間は作れず。
明日は昼から私の実家に挨拶なので自転車に乗るのは無理。
三日は友人との新年会。
四日は新年会後の朝帰りで疲れているかも。
そして五日から仕事。
「お正月休みは冬サイクリングを楽しむための休みじゃなかったっけ?」
と誰かにに問いただしたくなります。

いろんな人と顔を合わせるのは良いことだけど、誰も自転車の話にはのってきません。
「何処何処行った」という話題も、
「へーすごいな」「しんどうそう」くらい。
「どのルートで?」とか「あそこの坂はきついやろ」なんて話題が膨らむ返しは無し。
なので言いたいことを言えるこのブログは私の拠り所なのです。

わざと話題を外しました。
読書読書。

今さらという感じの本です。
あまりも話題になってたので、静まるのを待ってみました。
映画は観ていません。

買ったのは文庫ですが、ページを開くと文字が大きく余白が多い事に目が行きます。
上中下三巻にするより上下二巻で済むんじゃないかと思わせます。
まあ、私は古本で三巻三百円で買ったので文句は言えません。

内容は簡単にいうとラングドンという大学教授が聖杯を探すというもの(ものすごく簡単すぎ)。
文章は読みやすく、次にどうなるかというワクワク感があるのでそれなりに楽しめます。
でもエンターテーメント色が強いので、特に感動したとか心に残るものはありません。
登場人物に魅力が少しかけるかも(特に主人公)。

この小説の見せどころの一つは暗号解読です。
でも、暗号解読は英語を基本としたもの。
私は英語が苦手なので理解するのにワンクション入ります。
しかし本を投げ出すほどでないので大丈夫。

あと、この物語ではキリスト教が強くかかわってきます。
このことに関しては、あまり宗教に関心のない私には物語に強くは入っていきません。
その分、冷静に読むことができます。

これはシリーズ物で他に何冊かでてるけど、もう読むことはないですね。
初めて海外小説などに触れる若い子などには向いているとは思います。
そういえば、私が高校生の頃に「ジュラシックパーク」を単行本で買って読みました。
あの時は「こんな壮大なスケールの小説ってすげー」と感動してました。

ということで新年一番目の記事は読書でした。
まだブログを初めて一年も経っていませんが、
とりあえず今年一年間は続けられればと思います。


スポンサーサイト
  1. 2010/01/01(金) 18:12:48|
  2. ミステリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<飲む前に乗るサイクリング | ホーム | 舞洲サイクリング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://precision08.blog53.fc2.com/tb.php/107-74f30efe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。