くる日

自転車かカレーの日記 つぶやきもやってます@kurubimiru 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010日本海サイクリング

昨日行った日本海へのサイクリング記事です。

まず、日本海へ行こうと思ったのはasyuuさんの『盛夏の日本海往復サイクリング 』記事に触発されたからです。
とりあえず、日本海まで行かなくてはと思いました。

日本海へのコースは、京都のチームCSYさんの恒例の小浜ツーリングを参考に。
少しだけ自分なりに味付けしました(こういうのはおひとりさまの利点)。

当初は12日のお盆休み初日に行く予定でしたが、台風のため延期。
13日からの天気が前日の午前の予報では35℃の猛暑日続き。
少し涼しくなる9月の連休に走ろうかと思いましたが、
13日の午後からの予報では最高気温が33℃ほど。
この2℃の差は大きいので行くことに決定。

当日の夜は19時から妻の両親と義兄家族とインド料理屋に行く予定になってました。
なので、遅くても18時までには帰らないと間に合いません。
今回のコースはどう考えても14時間はかかるので、
午前3時過ぎ起床、4時に出発です。


SH3E0001_20100813212026.jpg

4時過ぎの淀川。
まだ真っ暗です。
最近の夜練のおかげで暗さによる抵抗感はなし。

まずは、亀岡までいつものコースを走ります。

枚方大橋~淀川右岸~芥川~女瀬川~西国街道~福井郵便局前。

芥川沿いは真っ暗なのに、思いのほかに人かうろちょろしてました。
今から体操をしてはる、おじいちゃんばかり。
ラジオ体操前の準備運動をしてるのかなと思いながら走りました。
芥川沿いを6時頃に走ると、
いろんな場所でラジオ体操してる人たちがいます。

福井郵便局前からr110を少し走りはじめたころに、
少しずつ空が明るくなり始めます。
山の中へ入っていくので、これはありがたい。
ひそかに朝焼けの空を期待してましたが、そういう光景はみられず。
それよりも、山の中に入っていくほどにガスが発生してきます。
消そうと思っていたライトを消せません。


SH3E0003_20100813212026.jpg

清阪峠の手前から。
この辺りからの朝焼けを期待していたのに。

ここまでは寝不足のせいか足が重い。
このコースは体調の良し悪しがはっきり出る。
本当に日本海までいけるのか不安になります。


SH3E0004_20100813212027.jpg

r43。


SH3E0005_20100813212027.jpg

r407の東別院付近。
どんどんガスが濃くなります。
口を開けて走るだけで水分補給になりそう。
アイウェアが曇って使い物にならないので外します。

r407~R9旧道~千原~月読橋~桂川沿い~


SH3E0006_20100813212027.jpg

r25。
ガスは薄くなってますが、山はまだ良く見えない。
このガスのおかげで、体感気温は涼しいと思えるくらい。


SH3E0007_20100813212027.jpg

船岡駅で水分補給。
ここまで500ml1本分消費。

ここからr19で日吉ダム~神楽坂トンネル~


SH3E0008_20100813212134.jpg

r368で左折。
ここから初めて走る道。


SH3E0009_20100813212134.jpg

r12に突き当たり右折。


SH3E0010_20100813212134.jpg

R162に合流し小浜まで43kmの標示が。
まだまだ遠い。


SH3E0011_20100813212134.jpg

序盤は平坦。
淡々と走ります。


SH3E0013_20100813212135.jpg

堀越峠の上りに入る手前で今回はじめての休憩タイム。
持ってきた、アミノバイタルゼリーで栄養補給。


SH3E0014_20100813212135.jpg

少しフレッシュになり上っていきます。


SH3E0015_20100813212223.jpg

それほど手応えもなく堀越トンネルまで到着。
ずっと緩やかな斜度が続く感じでした。


SH3E0016_20100813212223.jpg

トンネルを抜けると福井県。
まさか自転車で福井県まで来るとは思ってませんでした。

SH3E0017_20100813212223.jpg

堀越峠の福井県側は、長くてそこそこ斜度もあります。
こりゃあ復路には使いたくない。


SH3E0018_20100813212223.jpg

名田庄の道の駅で再び休憩。
固形物を食べたくなったけど、まだお店は開店前。
飲料補給だけで、すぐに出発。

このままR162を走れば小浜まで行けますが、


SH3E0019_20100813212224.jpg


ここで左折しr16を走って高浜方面へ。
高浜から海岸線を小浜まで日本海を楽しく走ろうという作戦。

でも、r16の旧道になるのか福谷坂峠はしんどかった。


SH3E0022_20100813212359.jpg

峠のピークの石川トンネル。


SH3E0023_20100813212359.jpg

結構標高がある。
しんどかったけど、自分で選んだ道だから仕方ない。

このまま、r16を下って、

SH3E0025_20100813212359.jpg

日本海に到着!
この後、昨日の記事のセルフタイマー撮り。
慣れないことしたから、体中が砂だらけ。
近くにいてた人は怪訝そうな顔してました。
海にローディー姿は似合いません。


SH3E0028_20100813212400.jpg

r27を走らず、民宿街を通って東へ。


SH3E0029_20100813212456.jpg

和田浜の海水浴場。
ホント芋の子洗うようです。
撮影場所が女子トイレの前だったので、まわりは水着ギャルだらけ。
残念ながら、ご期待に添える写真はございません。

SH3E0030_20100813212457.jpg

海まで来たのでこういう写真も。
何漁船なんだろ。


SH3E0032_20100813212457.jpg

ある程度満足してR27で小浜へ。
今、地図を見なおして反省が。
R27を走らず、大島半島側のr266の方を走ればよかった。
計画する時間が短かったので詰めがあまい。


SH3E0033_20100813212457.jpg

途中、また道の駅で固形物を求めましたが、
品揃えが悪いうえにお値段が高いので何も買わず。


SH3E0034_20100813212458.jpg

しばらく走り、このスーパーを見つけて補給商品を散策。
1㍑のアクエリアスと3割引菓子パンをふたつ購入。
今夜インド料理なのに、カレーパンを買ってしまいました。
カレー好きにはよくある行動。


SH3E0035_20100813212458.jpg

ふたたびR27。
小浜市へ入ります。


SH3E0036_20100813212609.jpg

R27から脇道へそれてr235の海岸沿いの道へ。


SH3E0037_20100813212609.jpg

一応歩道部分は自転車道です。
まったく自転車は見ませんでしたが。


SH3E0038_20100813212609.jpg

なかなか快適な道ですよ~。

この後再びR27に合流後、


SH3E0039_20100813212609.jpg

SH3E0040_20100813212610.jpg

また自転車道へ。
ここではじめて若狭自転車道という名のコースだと知ります。


SH3E0041_20100813212610.jpg

ちょっと上りますよ。


SH3E0042_20100813212653.jpg

上り終え、小浜市街が見えてきました。
もう海岸線は終わるのかとちょっと残念。


SH3E0043_20100813212653.jpg

小浜市の中心に到着。
マーメードテラスというもの。

ここで11時半。
予定では小浜を出発してる時刻。
ウロウロしすぎて時間を使いすぎ。
嬉しがって無駄な写真をいっぱい撮ってました。

このまま小浜を離れます。


SH3E0044_20100813212653.jpg

とりあえず、商店街でこの写真だけ撮っておきます。
なんかモノマネの人の方に似てるかも。

小浜駅からもR27を走ります。
これが交通量が多くて辛い道。
標識の行き先がずっと「福井 敦賀」となっていて、
自分がどこへ向かっているか不安にもなります。
地図を見直すと並行して走るr24の方が快適に走れるかもと思います。


SH3E0045_20100813212653.jpg

お昼になり気温が上がってきたのでコンビニでガリガリ君を買い体を冷まします。


SH3E0046_20100813212654.jpg

R303の鯖街道への分岐。
やっとR27が終わったとホッとします。
しかし、ここからが本当の正念場。

SH3E0048_20100813212654.jpg

鯖街道。
やや上りのうえ、向かい風なのでかなり体力消耗してます。


SH3E0049_20100813212746.jpg

鹿は見ませんでした。
休憩がてら足を止めて撮影。


SH3E0050_20100813212746.jpg

水坂トンネル。
ここがまず最初の鯖街道のピーク。
もうヘロヘロ。
この後、R303からR367へ走り朽木へ向かいます。
下り基調なので足は止めません。

朽木に入り、写真など撮らずまっすぐに道の駅へ。


SH3E0051_20100813212746.jpg

焼き鯖寿司で本日のお昼ごはん。
めっちゃ美味かった!!!
美味すぎで一気に食しました。
この美味しさを文字にするのが難しい。
とにかく美味い。
これだけ書けば伝わるでしょう。

しぼんでた気力が一気に回復。
鯖街道へ戻り帰路を急ぎます。


SH3E0052_20100813212747.jpg

ずっーと安曇川沿いの小さなアップダウンが続く山間部を走ります。

そして朽木を過ぎ、葛川地区にはいって恐怖の連続のトンネル群に入ります。
体力的に写真を撮る余裕なし。
坂下トンネル、行者山トンネル、牛の鼻トンネル、花折トンネル、途中トンネルと続きます(順番合ってるかな)。
どのトンネルか忘れたけど、車道が怖くて歩道部分を走りました。


SH3E0053_20100813212747.jpg

途中峠のピークでやっと写真を撮る余裕ができました。
いやー疲れた。
ここからはずっと下り。


SH3E0054_20100813212747.jpg

大原にて飲料補給。
チェリオなのに120円!

R367~r40を走り、


SH3E0055_20100813212905.jpg

江文峠のピーク。
ここで本日の峠はおしまい。

ずっとr38を下って行き、


SH3E0056_20100813212905.jpg

下鴨神社付近の賀茂川にて。
北大路通を西へ走り、堀川通まで走り一気に南下。
JR京都駅を越えて、九条油小路から西へ走って、


SH3E0058_20100813212905.jpg

桂川沿いCRへ。
疲れていると思ったけど、京都市街からは足が軽かった。

どうやら18時までに帰ることができそうなので、


SH3E0059_20100813212906.jpg

御幸橋にてよく喋るネコと一緒に少し休憩。
今回のサイクリングでちゃんと会話したのこのネコとだけかも。

淀川沿いに入り最後の関西医大付近で向かい風が強くなりやや電池切れ。

帰宅は18時ピッタリでした。
自転車は泥だらけだけど、拭く暇もなくベランダへ仮置き。
シャワーを浴びて、徒歩20分のお店だけど歩く余裕もなくクルマでお店へ。
19時にぎりぎり間に合いました。
ビールを飲みたいとこだけどクルマなのでマンゴーラッシーを注文。
お腹ペコペコなので美味しいカレーをたらふく頂きました。

260km少し走ったけど、思ってたよりも疲れはなし(もちろんそれなりの疲れはありますよ)。
今回、この前購入したレーパンを穿いての走行。
これが良かったかも。
レーパンはパールイズミのブライトスパッツというもので、
ひざ下までサポートされています。
ひざに不安がある人向きとなってたのも購入の要因。
前半にひざの違和感がありましたが、後半からはほぼ違和感なし。
下半身がスッキリしたからなのかフォームが安定してたような。
後、お尻を掻いたら、直接的なのでニヤッとしました。
もちろん、お尻の痛みはなし。

今回のサイクリングの総括は、記事全体を読めばわかると思います。
楽しいし、しんどいし、いろいろなもの。
トラブルが一つもなかったのが本当によかった。
大島半島のr266を走るという課題を残したので、また来年にも行ってみたい。
毎年、こいうツーリングができたらと思い、タイトルに「2010」と入れてみました。

追記

ルートラボ作成しました





BASSO VIPER

走行距離  263.71km
積算距離  5666.6km
走行時間  11時間42分36秒
平均時速  22.5km



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2010/08/14(土) 16:30:51|
  2. チャリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。