くる日

自転車かカレーの日記 つぶやきもやってます@kurubimiru 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読んだ本たち

夕方に雨がやんで夜は走られるぞと思ってたのに、
晩ご飯を食べてる時にまた降りだしました。

仕方ないので、読んだ本の感想をダイジェストで紹介します。

いつも、本を読み終えたら表紙を携帯電話のカメラで撮影します。
その表紙の写真をブログに載せたいとこですが、
どうやら表紙の著作権がどうのこうのあるみたいなので、
Amazonからの転載機能を使うことにしました。
でも、このブログではいらない文字も表示されるんだな。
まあいいか。

まずは、この本。


オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫)オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫)
(2005/10/20)
米原 万里

商品詳細を見る


だいぶ前に読み終えてるけど、まだ印象が強く残っています。
主人公の女性が、幼い頃に魅了されたダンスの先生の過去を追い、モスクワへ赴くといったもの。
現在の話よりも、物語中に挿入されるスターリン時代のラーゲリ(強制収容所)の話が衝撃的。
ロシア人の名前を覚えるのは苦手だけど、物語の持つ強さで読みきりました。

次はこの本。


エンプティー・チェア〈上〉 (文春文庫)エンプティー・チェア〈上〉 (文春文庫)
(2006/11)
ジェフリー ディーヴァー

商品詳細を見る




エンプティー・チェア〈下〉 (文春文庫)エンプティー・チェア〈下〉 (文春文庫)
(2006/11)
ジェフリー ディーヴァー

商品詳細を見る


リンカーン・ライムシリーズの三作目。
このシリーズは、絶対に順番どうり読むのをお勧めします。
今作も「でっかい風呂敷広けたな」と思って読んでたら、
見る見る収まっていき、よかったよかったと思いきや、
「そこでそんな風呂敷広げるか!」×数回と、ジェットコースターサスペンスそのもの。
今のところ好きな現役作家ナンバーワン。
まだまだシリーズが続くのが嬉しい。


お次はこの本。


震度0 (朝日文庫 よ 15-1)震度0 (朝日文庫 よ 15-1)
(2008/04/04)
横山 秀夫

商品詳細を見る



警察のキャリア、準キャリ、ノンキャリ組の警察組織のドロドロとした内情を物語にしたもの。
横山秀夫節が満載で面白い。
もっと長編を書いてくれと願う。

そして、この本。


凍りつく心臓 (講談社文庫)凍りつく心臓 (講談社文庫)
(2001/09)
ウィリアム・K. クルーガー

商品詳細を見る



この本を手にとったきっかけが、この小説がシリーズ物で2作目を児玉清氏が絶賛していて、
まずは1作目からと思ったので。
ハードボイルド物を読みたく何かきっかけが欲しかったので、児玉清氏に背中を押してもらいました。
で、読んでみると「あれ?」という感じ。
この小説の主人公が、私が思うハードボイルドの主人公とは少し違うような。
それに大自然が舞台なのに、あまり大自然とは程遠いくだらない事件がおきてる。
有名な賞をダブル受賞している作品だけど、ホントかいなと疑いたくなる。
2作目から面白くなるパターンかな。
でも、2作目は読まない。

そして、最近読み終えたのがこの本。


無痛 (幻冬舎文庫)無痛 (幻冬舎文庫)
(2008/09)
久坂部 羊

商品詳細を見る


「日本のジェフリー・ディーヴァー現る」と大げさですけど、少しそう思いました。
この作家の作品は3作読みましたが、どれも医療問題を取り入れた深いテーマを入れながら、
物語的にも面白い。
注意書きをすると、グロテスクな表現や猟奇的なモノが苦手な人は、この小説は合いません。
映像化するのは無理ですね。
今回は神戸が舞台で、六甲周辺などが出てきてより身近な感じがしてその点でもよかった。
次作を読むのが楽しみです。

ということで、簡単に読んだ本たちの紹介は終わり。

まだ寝るまでに時間があるので、この後は少し本を読みます。


  1. 2010/07/29(木) 23:26:58|
  2. ミステリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。