くる日

自転車かカレーの日記 つぶやきもやってます@kurubimiru 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

和束~信楽~栗東サイクリング

本日は、山岳経由で琵琶湖まで行ってきました。

当初の計画では信楽までのサイクリングでしたが、
どんどんアレンジが加わり最終的には琵琶湖まで。
150kmくらいの予定が160km越えになりました。

今シーズン初の半袖なので日焼け止めを塗りたくって6時半に出発。


SH3E0002_20100605174450.jpg

関西医大から御幸橋方面へ。
今日の淀川CRはミミズの日干し死骸だらけ。
踏んでしまわないように下を見ながら慎重に走ります。


SH3E0003_20100605174450.jpg

御幸橋からは久しぶりの木津川CR。
ここからはロードバイクだと初めてかも。


SH3E0004_20100605174450.jpg

流れ橋の修復はほぼ終わっています。


SH3E0005_20100605174450.jpg

桂川方面よりも人が少なく走りやすいなあ。
でも、飽きやすいのは単調すぎるせいか。


SH3E0009_20100605174451.jpg

木津川CRから玉水橋を渡ります。


SH3E0010_20100605174542.jpg

玉川沿いを走って、


SH3E0011_20100605174542.jpg

大正池TTのスタート地点に到着。
一応参考程度にタイムを計りますがこの先がまだ長いので、ゆっくりと上ります。

ここは、最後だけ斜度がきつく、序盤からほとんどが緩やかな坂。
スピードが20km以上でてるぞって調子にのって、
最後の坂で足が売り切れないようにしなければなりません。


SH3E0012_20100605174542.jpg

中盤の大正池あたり。


SH3E0013_20100605174542.jpg

乗馬場を過ぎて和束町に入ると斜度が急になります。


SH3E0014_20100605174542.jpg

そしてゴール。
28分12秒です。
早い人は20分を切るみたい。

大正池のコースは多くの人が走っていると思ったのに、
ロードバイクを見たのはすれ違った一台だけ。
みんな日本一高い山の大会に行ってるのか。


SH3E0015_20100605174542.jpg

ピークを過ぎて少し下ると気持ちの良い風景が。


SH3E0018_20100605174644.jpg

激坂を下ると和束町名物の茶畑だらけになります。


SH3E0023_20100605174645.jpg

茶摘みをしています。
八十八夜は過ぎたから二番茶を摘んでいるのかな。
頭巾を被った若い娘さんは見当たらず。


SH3E0021_20100605174645.jpg

自転車乗りがよく利用しているローソンがある交差点。
一台だけ休憩していました。
ここを左折してr5を走って信楽方面へ。
ここからが初めて走る道です。


SH3E0022_20100605174645.jpg

なかなか快適な道。


SH3E0024_20100605174741.jpg

和束隧道。


SH3E0026_20100605174741.jpg

湯舟隧道。
二つとも短いトンネル。


SH3E0027_20100605174741.jpg

信楽まであと15km。
こんな快適な道ならドンドン走れるぞ。

途中、頑張って走ってるつもりが4台のトレインを組んだ人たちにあっさり抜かれます。


SH3E0028_20100605174741.jpg

いくつか集落を抜け、


SH3E0029_20100605174741.jpg

滋賀県甲賀町に入りました。
ここからは茶畑より田んぼが増えます。


SH3E0031_20100605174830.jpg

R307に合流。
右折します。


SH3E0032_20100605174830.jpg

クルマも少なく快適だと思っていましたが、
信楽に近くなると大型トラックが増えます。


SH3E0033_20100605174830.jpg

信楽入り。
信楽町の人口と信楽焼の狸だとたぶん狸の方が多そう。


SH3E0035_20100605174830.jpg

どこも立ち寄る事なく、R307からr12へ。


SH3E0036_20100605174830.jpg

栗東信楽線という道路。
今回のメインになる道。


SH3E0037_20100605174830.jpg

前半は住宅地。
工房なども多くて良いデザインの家も多く垢抜けた感じ。


SH3E0038_20100605174925.jpg

住宅地を抜けると山に入っていきます。
今峠への上り。


SH3E0040_20100605174926.jpg

かなり斜度がきつく、疲れも出てきたので坂の途中の木陰で休憩。
久しぶりの暑い中でのサイクリングなので体力の消耗が早い。
一人で走っているので、途中で行き倒れぬよう体調管理はしっかりしておきます。


SH3E0041_20100605174926.jpg

今峠を下っての三叉路。
右折します。


SH3E0042_20100605174926.jpg

途中いくもの、この美術館の看板があります。
調べたら結構有名な美術館。


SH3E0043_20100605174926.jpg

用を足したいなと思ってたら、途中にトイレを発見。
三筋の滝のある場所。
ついでに滝も見ておきます。


SH3E0045_20100605174926.jpg

控えめな滝ですね。


SH3E0047_20100605175034.jpg

大津市入り。
r12はとても良い道だけど、やや交通量が多い。
それも狭い道なのに大型トラックかなりとばしている。


SH3E0048_20100605175034.jpg

新名神高速道路が見えてきました。
かなり立派な建造物です。


SH3E0050_20100605175034.jpg

SH3E0051-1.jpg

真下から。
太陽の塔ぐらいの大きさかな。


SH3E0052_20100605175034.jpg

新名神高速道路を潜ってからは少しきつめの勾配が続きます。


SH3E0053_20100605175034.jpg

ここがピーク。
逆側から上りは金勝山TTコースです。


SH3E0054_20100605175132.jpg

少し下って道の駅こんぜの里りっとう。
ここで昼食を考えていましたがまだ11時なのでパスします。


SH3E0055-1.jpg

SH3E0056_20100605175132.jpg

金勝山からの下り。
かなりの斜度。
こちらからの方がしんどそう。

さらに下って街に入り、


SH3E0057_20100605175132.jpg

栗東トレーニングセンター。
中を覗けるとこを探したけど、そんな場所はみつからず。
この辺り一体は競馬関係者の人たちが住んでいるのですよね。
ここから、琵琶湖に向けてr113からr141と走ります。
途中ショートカットしようと思って、


SH3E0060_20100605175220.jpg

迷路のような田んぼ道で迷ってしまいます。


SH3E0061_20100605175220.jpg

なんとか帰帆北橋まで来ました。
ここから湖岸道路を快走するぞと思いましたが、


SH3E0062_20100605175220.jpg

渋滞気味で路肩も狭く最悪の状態。

そして、イライラしながら湖岸道路からR1へ抜ける脇道を走っている時に落車。
状況は、R1へ入る信号待ちでクルマが渋滞していたので歩道部分を走り、
車道へ戻ろうとした時に3センチくらいの段差があり、
それを乗り越えられずタイヤがすべって右に倒れる。
スピードを落としていたので、軽くお尻の右半球を打ち、手のひらを少し痛めただけで擦り傷もなし。
それよりも、自転車が右倒しなりリアディレイラーに傷が入ったのでギクッとしました。
変速を試したところバシバシ入ってくれたので一安心。
でも、これは大反省。
右側なんかに絶対に倒れたらあかんのに、、、。
どんなにイライラしても、冷静な判断で走らないといけない。

落ち込みながら、瀬田川大橋を渡って、


SH3E0065_20100605175220.jpg

この前に来た中華屋で一人反省食事会。


SH3E0063_20100605175220.jpg

食べたのは日替り定食(700円)。
ハンバーグがかなりデカイ。
ライスは普通でこの大盛り。
奥のお椀はミニラーメン。
お腹満腹。


SH3E0064_20100605175220.jpg

食後のコーヒー付き。
反省会になってない。


SH3E0067_20100605175303.jpg

帰りはゆっくり瀬田川沿いで。


SH3E0068_20100605175303.jpg

そのまま宇治川ラインを走ります。
気温は29℃。


SH3E0069_20100605175303.jpg

はじめて天ヶ瀬ダムの放流を見ることができました。

このまま宇治川沿いを走って御幸橋から淀川CRを走って16時前に帰宅。
宇治橋あたりから御幸橋までが向かい風になりヘロヘロ。

ニューホイールでのロングライドは少しは楽かなという印象。
向かい風の前までは平均時速が23km以上でてたのでスピードも安定してだせる。
ホイール交換して良かった。

今回のサイクリングはしょうもない落車のせいで、
良かった印象が薄れてしまいました。
「一人で走るからには細心の注意を」と頭に入れて走っているのにこれだから。

今は手のひらの痛みはほとんどなく、
お尻は知らずに固い便座に座ると「おっ!」と反応するくらい。
明日も天気が良いので、体力が回復して時間があれば少し走りに行きたい。


BASSO VIPER

走行距離  163.7km
積算距離  4080.9km
走行時間  7時間37分48秒
平均時速  21.5km


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2010/06/05(土) 23:47:10|
  2. チャリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。