くる日

自転車かカレーの日記 つぶやきもやってます@kurubimiru 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

裏六甲サイクリング

本日は、二度目の六甲山へのサイクリングです。
一度目は再度山ドライブウェイで上りました。
今回は裏六甲ドライブウェイからのルート。
逆瀬川からのルートは、足をつきそうなので、なんとなく避けてます。

家を出たのは再度山の時と同じく7時半。


SH3E0001_20100322172444.jpg

淀川新橋を左岸から右岸へ渡って、淀川右岸を大阪方面へ。
淀川から神崎川のなにわ自転車道を走って、神崎大橋からR2で神戸方面へ。
そして武庫大橋を渡って、


SH3E0003_20100322172444.jpg

武庫川CRを走ります。
(今回は、写真が少なめ)

武庫川CRからr337、そしてR176に合流し、大多田橋を左折して、


SH3E0004_20100322172444.jpg

はじめてr51の有馬街道を走ります。
r337からR176に合流してからの少しの距離が交通量が多くて走りにくかった。


SH3E0005_20100322172444.jpg

有馬街道に入ってから、すぐにダラダラとした坂が続きます。


SH3E0006_20100322172444.jpg

蓬莱峡のバス停に到着。
ここからは風景は見えませんが、
走っている途中は切り立った花崗岩の岩山が見られます(タイミングが掴めず写真を撮れなかった)。
ここで、上りは終わりかなと思ったけど、まだまだ上り続けます。


SH3E0007_20100322172605.jpg

船坂の交差点。
この後の六甲山の上りが心配になるくらい上った感じ。
ここまでの有馬街道の交通量は、
祝日もあってかダンプは少なかったのでストレスはあまり感じませんでした。

船坂から少し走って、


SH3E0008_20100322172605.jpg

有馬温泉街に到着。
観光客やらクルマが多いので写真を一枚だけ撮ってほぼ素通り。


SH3E0009_20100322172605.jpg

有馬口から橋を渡って左折しr51からr15へ。


SH3E0010_20100322172605.jpg

そして、唐櫃大橋の交差点で左折して六甲有料道路に入ります。
ここはネットで下調べしてましたが、有料道路と重なるのがどうも不安でした。


SH3E0011_20100322172605.jpg

一般道と重なってるのを確認して安心。
しかし、結構な坂道。
左に高速道路へ繋がる分かれ道があるため、
上りでスピードが出せないので直進するのに少し緊張感があります。


SH3E0012_20100322172605.jpg

ラブホテル街。
高速道路のようにクルマがビュンビュンとばしていきます。
この辺りもずっと上り。


SH3E0013_20100322172713.jpg

裏六甲ドライブウェイの手前。
直進すると六甲トンネル。
右折でドライブウェイ。


SH3E0014_20100322172713.jpg

路肩を走る自転車は2車線を越えて、右折レーンに入らないといけません。
後ろからクルマが来ないのを確認してから一気に右折レーンへ。


SH3E0015_20100322172713.jpg

無事、ドライブウェイに到着。
もう、この時点でかなりヘトヘト。
のんびり、写真を撮りながら上ることにします。


SH3E0016_20100322172713.jpg

ドライブウェイはあじさいの道になってます(見頃は結構限定される、それも梅雨時)。


SH3E0017_20100322172713.jpg

それほど急ではない上りが続きます。
斜度はたぶん8%くらいかな。


SH3E0018_20100322172713.jpg

眺望は、木々が邪魔で視界が悪い。


SH3E0020_20100322172801.jpg

SH3E0021_20100322172801.jpg

最後の方で気づいたのですが、
「0.7」「0.5」と数字が書かれた白のプレートがあります。
これは、ドライブウェイの終点までの距離。
あと700mと、あと500mという表示。
たぶん、合っていると思います。


SH3E0022_20100322172801.jpg

終点に到着。
もちろんタイムは計ってません。
左折して、六甲山頂をめざすr16を走ります。


SH3E0023_20100322172802.jpg

六甲山に上ると寒い寒い。
ウインドブレカーを装着です。
山頂付近までの道は、アップダウンの繰り返し(アップの方が多い)。
これが結構足にきます。


SH3E0024_20100322172802.jpg

縦走路は視界が開けている箇所が多い。
でも、少し霞んでいてる。


SH3E0025_20100322172802.jpg

山頂付近の一軒茶屋に到着。
茶屋の裏は、山歩き人や自転車乗りでいっぱい。
休憩をとらずに、そのまま下ります。

下りは、かなり寒かった。
ウインターグローブじゃないので指がイタイイタイ。
あまりにも寒さで止まって撮影なんてしてません。
ヒルクライムに挑戦している人をたくさん見かけました。
二人だけあきらめて、押し歩きされてる方も。
自分なら上りきれるかどうか微妙ですね。
逆瀬川のルートは前半のゴルフ場辺りの交通量の多さも嫌だなと思う。

逆瀬川まで下ってから武庫川CRを走って、
R171付近でCRをそれて甲東園駅方面へ向かい、

SH3E0027_20100322172831.jpg

このカレー屋で昼食。


SH3E0026_20100322172831.jpg

食べたのはビーフカレー大盛り(600円)。
大盛りの割にはあまり大盛りっぽくない。
お味は、実家の三日目のカレーという感じ。
どろっとした感じで、少し苦味があります。
あまり辛くはありません。
けちらずに何かトッピングした方がこのカレーには合っていたかも。

昼食後は、甲東園から民家の間を縫ってR2まで走り、
行きと同じようになにわ自転車道から、淀川CRで帰りました。

帰宅は15時半。
走行距離を見ると130kmを超えていました。
やっぱり六甲山へのアプローチは遠い。
一番近いアプローチは逆瀬川ルートか、、、。
暑くなるまえに挑戦しようかな。


BASSO VIPER

走行距離  131.77km
積算距離  2809.7km
走行時間  6時間51分14秒
平均時速  19.2km


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2010/03/22(月) 22:34:24|
  2. チャリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。