くる日

自転車かカレーの日記 つぶやきもやってます@kurubimiru 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スタンレー・コレン 『犬語の話し方』

本日は、雨で自転車に乗れなかったので本の話題です。

今回はミステリーではなくてノンフィクション(犬という動物はある意味ミステリー)。
こういう感じの本はふだんあまり読みません。
でも古本屋でふと目に止まり手にとって解説を見ると、
好きなエッセイストの米原万里さんが書かれていたので105円で購入。

うちのワンコともう少しコミュニケーションをとってみたいとも思ってました。

一通り読んでみましたが、うちのワンコとのコミュニケーションにはあまり役立たず。
何故なら、私と合うときはほとんど寝ているから。
でも、本としては面白い内容でした。

当たり前ですが、人は言葉としての犬語は話せませんし、犬も人語を話せません。
なのでコミュニケートの手段は表情やしぐさや吠え声。
それら行動を一つ一つ細かく解説してくれています。
それに動物行動学や言語学も取り入れていて奥が深いです。

といっても、お固い内容ではなく犬に関するエピソードはいちいちジョークをからめてきます。

面白かったのが、著者の友人の妻が花壇を作ったのだけど、
近所の犬にその花壇を荒らされる。
その友人は知っていた知識で、
花壇を縄張りだと主張しようと2、3日に一度、自らの尿をまきます。
すると花壇は荒らされなくなりました。
しかし2,3週間後、隣人に
「娘さんが大勢いる家では、自分の用を足したい時にトイレがふさがっているのはわかります。
お困りの時は遠慮なく我が家にいらして下さい。」と言われたそうな。
しまいには、尿をまいてる事が奥さんに知れ、
「あなたがトイレがわりに使っている花壇を手入れしているのは私なのよ」と。

少しジョークがくどいのもありますが、犬を飼っている人にはオススメ。


PAP_0000_20100307225658.jpg

何で自転車に乗ってばかりで遊んでくれないのと言い寄るうちのワンコ。

うちのワンコは、5年ほど前にボランティア団体を通して里子としてやってきました。
来た時には6歳で、来た次の月で7歳になりシニア犬の入口に。

こんな年齢から、慣れてくれるか心配でしたが、
今では私よりこの家での地位は上で、堂々としたもんです。

もし、この記事を読んでくれてる人で犬を飼おうとしてたり、
飼いたいという知り合いがいるのであれば、
里親になるという選択肢も入れて頂きたい。
ネットを使えばたくさんの情報が入ります。
本当にたくさんのワンコたちが里親を探しています。


話題を変えて、ちょっと自転車の話。

今日は、雨だったので玉出までクルマでちょっと買出しに。
そこで、初のサイクルジャージを購入しました。
できるだけ、地味なデザインを探していて一着だけ見つけました。

SH3E0026_20100307225658.jpg

これ。
背中のポッケが小さな憧れでした。
分かりにくいけど射手座のマークがカッコいい。
GIORDANAというイタリアのブランド。
自転車がイタリアのメーカーだからぴったり。

着てみると、ピッチりなのでかなり体のラインがわかる。
もう少し、体を絞らなければ。

来週末はこれを着て、ロングライドでもと思っています。




スポンサーサイト
  1. 2010/03/07(日) 23:35:00|
  2. ミステリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。