くる日

自転車かカレーの日記 つぶやきもやってます@kurubimiru 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読んだ本

20090407223337


ジョン・ダニング 『死の蔵書』

もう、二十数年以上前の中学生だった頃、
近所に小さな古本屋さんがありました。
今では大型の古本屋さんが増え、街の小さな古本屋さんは
ほとんど見かけなくなりました。
私のこの近所の古本屋さんもとっくの昔になくなりました。

この古本屋さんは週に幾度も通い、
ある日には、本を何冊か買うとまけてくれるようになったり、
私が好きそうな本をとっておいてくれるようになりました。
いわゆる顔馴染みのお店になった訳です。
中学生ながら、この事は大人になった感じになり、
とても嬉しかった出来事です。

この『死の蔵書』は古本をめぐる殺人事件のミステリーです。
古本屋さん好きな人にはもってこいの本です。
別に古書の知識なんてなくてもとても面白く読めます。
読み応えのある良い小説でした。


スポンサーサイト
  1. 2009/04/07(火) 22:33:40|
  2. ミステリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。