くる日

自転車かカレーの日記 つぶやきもやってます@kurubimiru 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伏見柳谷高槻線

地図を見て手頃な距離で良い感じの山道だなと思い、
今日はタイトルの通りの道を初めて走ってきました。

まずは、枚方大橋を渡ります。
R170からは自転車では直接渡れませんので、
関西医大側から淀川堤防沿いで橋の右側歩道を走ります。

20090328172153.jpg

ここを右折して橋を渡ります。

橋を渡り終える信号で、左車線に移ります。

20090328172155.jpg

R170にはそのまま進めます。

淀川に架かる橋は、自転車でそのまま幹線道路に出られる箇所と、
そうでなく一旦堤防沿いを走らないといけない場合があります。
それに、歩道が片側車線にしかなかったり、覚えておかないと不便です。

R170を北に進みます。
歩道は広くなったり狭くなったり、段差があり走りにくいです。
車道は路肩が狭く、道も荒れていて走りにくいです。
あまり走りたくない道です。
ちなみにR170の南方面も自転車で走るのには向いてないと思います。

高槻まで出て、腹ごしらえです。

20090328172157.jpg

このお店でコロッケ定食を食べました。
コロッケ大好きなり。

さて、ここから本番です。

20090328172201.jpg

府道79号の方面へ行きます。

ここからすぐ、長くだらだらした坂が続きます。
新しい住宅街が多いです。
行き止まりました。
焦っていたので写真ありません。
府道79号ではなくて日吉台の住宅街をただ走ってただけでした。
どうやら、さっきの写真の道の通り右に逸れずに真っすぐ進んだのが原因。

とりあえず、少し戻り適当に東方面へ移動し、

20090328172526.jpg

府道79号に出られました。

ここからずっとヒルクライムが続きます。
採石場や大型の資材置き場あるみたいで、ダンプなどの大型車が多いです。

少しだけどヒルクライムも経験してるし余裕だと思ってたのですが、
心が折れました。
自転車を降りて少しだけ押して登ることになりました。
傾斜がきつくて足が止まったのでなく、長い坂が続いての心肺的な原因。
まだまだしょぼいです。

少し自転車を押して行くと。

20090328172531.jpg

この看板まできます。
ベニーカントリーの方面へ行きます。
ここからも坂は続きますが、降りてしまうほどではなかったです。
ダンプなども走ってなく、小川沿いの田舎道で気持ちよく走れます。

20090328172533.jpg

猪さん。
かわいそうですけど鍋になる予定です。
ここで、初めてロードバイクの人とすれ違いました。

20090328172553.jpg

ベニーカントリーにて。
ここが最頂点。
勝尾寺みたいな箇所かな。
ここからダウンヒルになります。

20090328172555.jpg

分かりにくいですが、京都市内が一望できます。

20090328172557.jpg

柳谷道を走ります。

20090328172601.jpg

あまりきれいに撮れてませんが、明るい感じの竹林が道沿いにあります。
タケノコ売りもちらほら。

そのまま長岡京市内にはいります。


20090328172817.jpg

長岡天満宮で交通安全祈願です。

府道79号を走り、R171まで出て大阪方面へ。
そして府道204号で淀方面。

20090328172824.jpg

競馬場まできました。
かなり久しぶりです。
今は京都開催でないので馬は走ってませんが無料で入られます。
明日のG1の馬券を購入しました。

20090328172822.jpg

競馬場の駐輪場は初めてです。
奥に見える歩道橋みたいなのを渡って入るシステム。
警備員が礼儀正しく好印象。

競馬場内は少しはおしゃれとはいかずとも、
客層は変わってるのかなと思いましたが昔のまま。
CMみたいな爽やかさは全く無しです。

馬券を購入し、そのまま帰路へ。
府道13号で淀川CRを使わず樟葉まで。
樟葉のブックオフへ本の物色をし、
府道18号に出てR1を走り終わりです。

帰ってハーフクリップを外しました。
坂道での効果は感じられなかったからです。

走行距離  58.21km
最高速度  47.5km
走行時間  3時間10分26秒
平均速度  18.3km

スポンサーサイト
  1. 2009/03/28(土) 18:54:42|
  2. チャリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。